表組み

最近では、ページ数が多い場合はインデザインを使用するケースが増え、
イラストレーターで表組みをすることは少なくなりましたが・・。

https://blogs.adobe.com/creativestation/dtp-illustrator-kihon-tips-11?trackingid=NV3KR6%392&mv=email

弊社で制作する表組みには、製品名部分にロゴを使用する場合が多く、
それもあって、長い間イラレで表組みを行っていましたが、
流石に効率が悪く、最近ではもっぱらインデザインでの表組みになっています。
それでも1ページ30~40行程度の表が30ページに及ぶ場合、1行ずつロゴデータを配置すると結構な手間を要します。
弊社では、セルと同じ大きさのアードボードで作成し、配置後の調整を極力少なくできるようにしています。

将来的に配置データを一時的にフォントのように扱えようになると、
かなり捗るんですけどね。

コメント

このブログの人気の投稿

iMac 2017 Windowsを外付けHDDからブート

EC CUBE 3 ディレクトリ変更時の覚え書き